【2022夏/初秋イベ】大規模反攻上陸!トーチ作戦! 後段E4からE5-1まで

E4 トーチ作戦任務部隊、抜錨! 大西洋/ジブラルタル沖

9月10日から11日のウイークエンドは、ほぼ先行攻略を心掛けていた自分としては、いつものこととはいえ、気が気で仕方がない状態で、後段の開放は待ち遠しかったが、記憶が正しければ通算2度目の「寝てください」ツイート。これを見て就寝。翌朝、起きてみれば始まっていた。

 さて、始めるかー、と、まだ頭が寝ている状態で軽く先行勢の様子を見ながら様子見の編成を組んで、ぽちっと…

 あ・・・

 やってしまったー!!!

 E4の最初の艦隊は遊撃部隊。ぽちっとやってしまった瞬間に青ざめた。

 そこから数分。まず、誤札してしまった第一艦隊の子達の見直しを始める。幸いなことに、7-1や3-2など、通常周回で回していた子の微ダメを直していた状態で、阿武隈、北上、瑞鳳改二乙、島風、涼月と、リカバリーが可能、サブがいる子ばかりだった。しかし、瑞鳳は2隻をここに割くことになったので、この後使う予定は組んでないが・・・マジで焦った。

 いつもは心掛けて、頭が寝ていたり、平常でないときは出撃させないように心がけていたのだが、このタイミングでやってしまうとは…。前段の時の大井といい、今回は若干気持ちが焦っているようだ。気を付けよう。

さらに後段が始まってすぐだったために、札関係の情報がまだ未確定なものが多く、さらに不安を増幅させる。今になって思えば、この段階で確定できないのは当たり前で、前代未聞の複雑な札組みで、これは、一旦情報を待った方がよさそうということで、とりあえず直近のE4を誤札してしまった艦とコモン艦、サブ艦を駆使して進めることにする。

ドロップ艦が豪華なのは百も承知で、とりあえずE4はさっさと切り抜けてしまって、E5以降の戦略を練っていった方が得策と判断しました。

担当艦

【トーチ作戦英軍部隊】

  • 瑞鳳改二乙(99,171)、北上改二(154)、阿武隈改二(156)、Luigi di Savoia Duca degli Abruzzi改(81)、谷風丁改(98)、沖波改二(99)、秋月改(91)、涼月改(97)、島風改(126)、Fletcher改mod2(99) 、明石改(35)

【トーチ作戦派遣部隊】

  • 雲龍改(97)、天城改(99)、羽黒改二(87)、高雄改(97)、愛宕改(97)、三隈改(77)、五十鈴改二(98)、那珂改二(98)、香取改(86)、睦月改二(135)、如月改二(133)、三日月改(99)、吹雪改二(91)、早波改(88)、岸波改(88)、秋霜改(88)、清霜改(89)、松輪改(99)、御蔵改(94)、日振改(99)、昭南改(94)、第四号海防艦改(97)

—————————————————————————

E5-1 反攻上陸!トーチ作戦 ジブラルタル沖/北アフリカ沖 (輸送ゲージ1【遊撃部隊】)

翌月曜はいつものスケジュールでウイークリー任務に集中しつつ、資源回復と情報収集につとめる。この後、とにかく輸送が多い。厄介な敵が多い。ただ、E6-4まで行くと、編成が精査されていけば何とかなりそう。と、いう感じで見ています。

札の割り振りは、いつもは結構適当だったりするのですが、今回は大発艦、対地装備艦をしっかり割り振っていかないと詰みそうな予感がバリバリだったので、E6から割り振りを決めてから進めることにしました。

とにかく輸送が多くて作業ゲームになるのがわかったので、この後は、普段のルーティンワークにイベントの時間を組み込んでいくという方向で行こうと考えています。

担当艦【中央任務部隊】

  • 葛城改(98)、Pola改(89)、龍田改二(89)、文月改二(132)、磯波改二(97)、敷波改二(98)、浜風乙改(97)、風雲改二(151)、巻波改(88)、涼波改(88)、照月改(91)、冬月改(92)、千歳甲(96)、瑞穂改(97)、あきつ丸改(70)

どっかでやったことのある対潜、空襲、制空値、索敵と、バランスが問われる構成。このパターンは、落ち着いてじっくりやれてるときは、考えることがたくさんあって、結構面白いと感じられたこともありましたが、ラストにあの許すまじネ改がいることと、噛み合わないと結構こっぴどくやられるので、ストレスしかありませんでした。逆に噛み合うとすんなりでした。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です